新幹線パックを利用して東京から福島へ!

私の実家は福島にありますが、現在暮らしているのは横浜。
彼との同棲も半年を越えましたが、仕事柄なかなか遠出することは難しく…。
そんな彼が珍しく三連休をとれたので、私の両親への挨拶も兼ねて福島県へ旅行へ行くことになりました。

とはいえ、新幹線だとお金も高いし、車酔いしやす私たちは高速バスも避けており…。
そこで調べたのが、JTBの国内ダイナミックパッケージです。
新幹線の指定席券と、駅チカホテルの予約もできて、2人合わせて30,000円!
お得に利用できるのは知っていましたが、ここまでとは…。
通常だと、2人分の往復交通費のお値段。
私が利用したのは福島駅で、駅から徒歩1分のホテルを選びました。

少し困ったことは、時間によって金額があがること。
プランによっては、新幹線の時間帯が決まっていることがあって、そういった場合は観光に向きません。
多めに時間を見積もっておくことをおすすめします。

横浜駅から東京駅に移動し、おみやげや駅弁を買って新幹線乗り場へ。
学生の頃はお金が無いので自由席を選んでいましたが、自由席は日にちや時間帯によっては混雑して、席に座れなくなる可能性もあり、いつも早めに並んでいました。
指定席は競争がないので、ゆっくりお店を見て回ることができました!

平日ということもあり車内はガラガラ!
ゆっくり風景を楽しみながら、駅弁を食べました。
行ったのは1月ということもあり、栃木を越えたあたりから雪がちらほら。
都会育ちの彼はうきうきしていました!

福島駅に到着してホームに降り立つと、驚きの寒さ。
ここ数年都内や横浜に居たからか、完全に寒さをなめていました…。
駅から徒歩1分ほどのホテルで助かりました!

ホテルにチェックインを済ませ、私の家族と会う時間までゆっくり。
雪がちらほら舞う中でしたが、彼と家族との食事を楽しみ、ホテルへ戻りました。
両親がお土産にと、福島の銘菓「ままどおる」と「エキソンパイ」を買っていてくれて嬉しかったです。
久しぶりに食べましたが、本当に福島のお菓子はおいしいです…。

次の日はお昼頃の新幹線に乗るため、早めにチェックアウトして駅周辺の散策へ。
本当は美術館や、レンタカーを借りて遠出しようかと思ったのですが、雪が降ってきたので取りやめに…。
カフェでまったりしたり、懐かしい町並みを彼と楽しみました。

駅弁を買って帰りの新幹線に乗り込み、今回の旅も終わりへ。
予想以上に新幹線の移動の早さや、見える風景が楽しくて、新幹線の旅にはまってしまった私たち。
今年の夏は、郡山に宿泊して会津方面の旅行を楽しもう!という計画を立てています。